ライムがあらわれた☆

ライムはイオナズンをとなえた!しかし、MPがたりない!

【GIRLS/ガールズ5話】トンデモ内容だが、かなり重要な回だった

【GIRLS第1話感想から読みたい←】

第5話は内容がかなりぶっ飛んでいて(今までもぶっ飛んでいたがさらにそれ以上)、R-18的にも倫理的にも常軌を逸していると思った箇所がいくつもあった。

主人公ハンナが、心の通じ合った彼氏がいるにもかかわらず、セクハラ上司にセックスを迫ることと、その報告を受けた彼氏【アダム】の言葉やその後の彼の自慰行為もぶっ飛び過ぎて意味が分からなかった。

数日考えてなんとなく意味が分かりかけて来たのでここで整理してみた。

ハンナが理解出来ない

ハンナは勤め先(正社員ではない)の上司に再三セクハラ行為を受けていて、それをとても嫌がっていた。

同僚の女子社員たちは、上司のセクハラと引き換えにオイシい思いをしているということもあってその行為を否定的に捉えてはいない。

それでもハンナはずっと一人で嫌がっていたから、「女子として純粋だな、彼氏の【アダム】に対する思いも強いのだろう」と思っていたら、第5話の職場のシーンでその上司になんと性行為を迫ったことには驚いた。

性行為を迫る理由としては、「セクハラをするのだから性行為を望んでいるのだろう。願望を現実化しよう」というものだった。

上司がすぐに拒否すると、ハンナは怒り出して訴えると言い出す。 性行為の願望が無いのに、女子の身体を触りまくるという上司の考え方に怒りがわいたのであろう。

そこの部分だけは理解出来るのだが、だからといって先日彼氏と心が通じ合ったばかりだというのに、

参照:ガールズ第4話感想

上司に性行為を迫るハンナの行為が理解出来ない。

【アダム】も理解出来ない

セクハラ上司の職場を辞めてしまったとハンナが彼氏【アダム】に報告に来る。 ハンナが発情して【アダム】を誘惑するのでそのまま2人はイチャラブシーンへ…となるかと思いきやまさかの【アダム】はハンナの誘いを断固拒否!

4話であんなに2人は情熱的に通じ合ってたじゃん!なんで拒否するの?とハンナ以上に私が驚いた。

拒否された腹いせか、ハンナは【アダム】に「上司にセックスを迫った」と告白。 あきれる【アダム】。

修羅場展開になるのかな〜と思いきや、ハンナの前で【アダム】はベッドに寝そべりマスターベーション!!!

画面はアダムの裸の上半身が映って下半身は映っていないけれど… 下半身に手が伸びているのはわかるし、その手が動いて下で何しているのかがわかる。

アダムの手元が映ってはいないので、R指定にはならないのだろうけれども、これはほとんどアダルトビデオじゃないか!!とビックリし過ぎて本当にこのシーンの意味が分からなかった。というか思考が飛んだ。

何回か見直して(何回も観たのかよ)、こういうことかな?と考えてみた。

変態【アダム】を理解してみよう

このシーンの【アダム】は、自慰行為をしながらハンナに向かって

「俺って最低でしょ?クズでしょ?」

と繰り返し聞いている。

ああ、クズね…と流すハンナが下着を脱ごうとすると

「やめろ!それは違う!」

と怒鳴って来る。

彼の自慰行為は、ハンナを誘っているのではなくクズで変態である嫌な自分を見せつけているのだ。

そんな自分をハンナが受け入れようとしても拒否する。

彼は受け入れて欲しいのでもない。 嫌われるためにやっている。

怒りで罵倒するハンナに向かって下半身をしごきながら【アダム】が

ごめんね!ごめんね〜!

←そんなU字工事みたいな謝罪じゃない

を連発するシーンは観ていて圧巻だ。

フィニッシュ後、汚れてしまった手を挙げて、怒りの彼女に向かって「シェイクマイハンド!」(握手しよう) という言葉でオチなのだが、この一連のシーンの演技力に魅入るとともに圧倒される。

←意味はさっぱりわからない

【アダム】の変態性をまざまざと見せつけられた。

ごめんね、ごめんね〜!

←だからそんなU字工事(以下略)

の時のアダムドライバーの表情は可愛らしいし、美しい上半身の裸体に眼を奪われる。

その変態的な行為から、観ているこちらが官能的な本能を呼び覚まされる…アダムの演技力に拍手を送りたい。

ともあれ、その変態性をさらけだし、ハンナに嫌われようと努力している行為であるようにみえる。

また同時に「君なんかいなくてもこうやって自分で処理すれば充分なんだから」という見せつけのためでもあるような気がする。 ただの変態なのかもしれないけど。

ハンナは何をしたかったのか

そこでふと、主人公ハンナはいったい何がしたかったのか?

つまりはこの5話で彼女は作者として何を言いたかったのか疑問に思った。

この物語は脚本も演出も監督もハンナを演じるレナ・ダナム自身であり、彼女の実体験がモデルになっていると言われている。

ひょっとすると、ここに出て来るセクハラ上司も変態彼氏【アダム】も、実在の人物なんじゃないだろうか。

物語中にセクハラ上司に対して「いつかあなたのことを実名で本に書くから」と言っている。

また、この上司と性行為を迫る直前に友人のジェッサから「創作のネタのために一発ヤれば?」とそそのかされている。

仕事を辞めたこと、上司に性行為を迫ったことを【アダム】に報告に行くと、彼は自慰行為を始めながら「これ創作のネタにすれば?」と言っている。

5話では、「創作のネタ」というセリフが随所に現れ、1つのキーワードとなっているように感じる。

ハンナは作家として自立していない現状が不満なのだと思う。

そのストレスをセックスで解消しようとしている。

上司にも【アダム】にも同じことを求めている。

つまりは、仕事も彼氏も心の中心に無いのだ。

彼女の心の中心にあるものは、「作家になりたい」

そのために経験を書くことを至上とする。

本来、セクハラ上司に逆にセックスを迫るなんてめちゃくちゃもいいところ。 職場放棄に近い。 だが彼女にとっては職場の秩序よりも上司との情事の経験を選択する。

全ては創作のネタのため、書くための手段だ。

そして変態彼氏【アダム】はそれを見抜いていたんじゃないかな?

ハンナが【アダム】に職場を辞めた報告に来て、【アダム】の身体を求めた時、彼が拒否反応を示した。 その理由は、ハンナがもうアダムとはセックスしない。アダムは嫌な男だからだと言ったからだというのだ。

これは先の第4話でハンナと【アダム】がキスして抱き合ったシーンの前にやり取りされた会話だったが、これは認識が逆だったことがここで明らかにされる。

ハンナは【アダム】へ別れの言葉→キス→セックス→仲直り…心が通じたと認識していたことが、 (私もそう理解した)

【アダム】は自分への別れの言葉→心が冷めた→でも目の前にヤレる女がいるからキス→流れでセックス→でもこの女とは冷めたのでお別れ

という認識だったということだ。

【アダム】は第4話でハンナにキスもしたしその後セックスもしたけど、心はとうに冷めていたということだ。

ハンナは【アダム】が嫌になった理由を言っていたけれど、ストレスが溜まるたびにやって来てはセックスを求める彼女にウンザリしかけていたのかもしれない。

このあたりの2人の認識の違いは、女性と男性の感性の違いをリアルにえぐっているように思う。

女はキス→セックスは好きな人とするものであって…

男は好きとか嫌いとかじゃなくて、キス→セックスはやりたいからやる、本能的なもの(実際にやるかどうかは別として)

という性の違いがそこにあるのではないかと。

それでもまあ、【アダム】はハンナとの関係に冷めちゃったんだよね。

いや〜ここまで男女の恋愛について、リアルにえぐってくるドラマはすごいね。

実体験が元になっているからなのでしょうか。

細かい解釈などは、観る人によって様々だろうけれども私は何回か観てこのように理解しました。

それにしても、変態を演じるアダムの演技力がすごい。

アダルトビデオじゃないのに、演技とはいえ、マスタベーションを披露してしまう…イメージ戦略もなんのその、ただただ彼の役者魂がすごい。

マスターベーションしながら、自分の彼女(元カノ?)に謝罪するなんてシュール過ぎますね。 例のエクストリーム謝罪のリストにぜひ加えて欲しい。

脱帽としかいえない。

【GIRLS第6話感想へ続く】

【GIRLS/ガールズ4話】のアダムがエモーショナル過ぎてこちらの心臓がツライ【感想】

[GIRLS第1話の感想はこちら←]

[GIRLS第2話〜3話あたりの感想はこちら←]

f:id:limeclover:20180811175211p:plain

【第4話の感想です】

昨今「エモい」という言葉が流布してるが「エモーショナル」の意味はあまり無いこともあるらしいので、今回のタイトルはあえて「エモーショナル」で。いってみよう!

ドラマGIRLSは、スターウォーズ(以下SW)のカイロ・レン役を演じたアダム・ドライバーが、主人公の女の子ハンナちゃんの相手役を演じた恋愛ラブコメです。

女主人公の相手役というと日本の朝ドラなどでは山﨑賢人や佐藤健のようなさわやか好青年みたいな感じがありますが、アダム・ドライバー演じる【アダム】くんは全くこのイメージに当てはまりません。

エロくて無礼千万で粗暴で無頓着で、若干キモい変態ブタ野郎くんでございます。髪もペタッとしてて不気味です。

(変態ブタ野郎はドラマの中で付けられたアダムのあだ名)

これまでの話の中でも、主人公ハンナちゃんに対して

「俺の奴隷になれ」横暴発言や、

「コンドーム?(どうでもいい)相手次第だね〜」無責任発言や、

「コンドームしてないからイケない」などど暴言の数々をのたまい、ぜんぜん彼女を大切にしてない態度を示して来ました。

それでも、ハンナちゃんの肌の入れ墨を「消せば?」と常識ある大人のように助言したり、言い過ぎだと思ったときはフォロー入れたり、ハンナちゃんを見る眼が可愛かったり、 いつも露出している上半身の胸筋や肩幅のラインがダビデ像みたいに色っぽかったり、 それなりに魅力を醸し出してはいました。

しか〜し、しかし、この第4話で彼は想像を絶する失態を犯してしまうのです。

【アダム】くん最大の失態

・【アダム】くんの【アダム】くん(R18指定)画像をハンナちゃんのスマホに送ってしまう

・しかも別の女性宛であった

・こんなの送って「ゴメン」の「ゴメン」の文字が省略形

←つまりあまり反省していないという態度のあらわれ

ここでついにハンナちゃんはキレてしまいます。

しかし、ドラマの中でハンナちゃんがキレまくって暴れたり取り乱したり、泣きじゃくったりはしませんでした。 いたって冷静に、ルームシェアしている友人や職場の同僚に事の次第を話すだけであった。 そこがかえって観ていてつらい。

ハンナちゃんは前記事でも触れたが、けっして美人でもなくスタイルが良い訳でもなく、正規の社員として雇われてる身分でもない。そんな彼女だから、それを自分で自覚しているから、【アダム】みたいな最低ブタ野郎くんでも文句を言わないのだろうと思われる。

せつない。

しかしここで、彼の犯した大失態で堪忍袋の緒がキレたと思われる。 ドラマ終盤で、ハンナちゃんが意を決して【アダム】のボロ安アパートへ乗り込んでいくシーンが圧巻だ。

f:id:limeclover:20180811174024g:plain

ドア越しの会話である。 あいかわらず【アダム】は上半身裸である。 何の、誰宛のアピールなのかわからない。 いや、明らかに20歳代以上の視聴者女子たちに対する萌えアピールとしてしか考えられない。いいぞ、もっとやれ。

冗談はさて置き、ハンナちゃんは【アダム】に別れ話をしているのだが、【アダム】に「君の理想は何なんだ」と聞かれると、

「いつも一緒にいてくれて、私を認めて、私とだけ寝る男」

と答える。その答え方が、

「ブランチ好きな女子っぽくてバカみたい」

と自虐的に自己分析をする。 このブランチ好き云々は、先にアメリカで放送された「セックス・アンド・ザ・シティ」という女子向けドラマに出て来るような、おシャンティな子とは私は違うよ、という意味なのだそうです。

ハンナちゃんの語った理想、「私だけと一緒にいて私だけを見つめて、私だけを愛してくれる人」という言葉は、高飛車な女の上から目線な態度から来るものではなくて、

心から相手の男性に求める純粋な乙女心を激白しているのだと思う。

ここで長セリフを語るハンナ…女優レナ・ダナムの迫真の演技が胸に迫る。 セリフを言っている彼女の口元が小刻みに震えている。

その震えが、観ている私の心臓の震えと共鳴していく。

さらに彼女の言葉に胸を打つのは、【アダム】への失態のクレームや別れ話だけでなく彼への【愛】を切々と語っているところである。

「貴方とは別れたい。今までズルズルしたのはあなたの魅力のせい。魅力だらけだから…私は本気で好きだよ」

そうか! 別れがたい、しかし別れなければならない良い男に別れ話をするときはこういう風に言えば良かったんだ! …と思わず手を叩いてしまった。 もう少し早くこのドラマを見てれば…

と、自分の恋愛の過去の苦い経験を思い出してしまったけれども、それ以上に今、この瞬間に、アダムに対する自分の気持ちを代弁してくれたかのような錯覚になった。

「自分より年下の異国の若いお兄ちゃんにいつまでもうつつを抜かしてないで現実に戻らないといけない」

「アダム・ドライバーにハマり過ぎてる自分が痛過ぎる。 はやく忘れた方が良いんじゃないか」

そんなことをつらつら考えていた時期であったので、【アダム】と別れようとするハンナとアダムファンをやめようとする自分が重なった。

「貴方とは別れたい。今までズルズルしたのはあなたの魅力のせい。魅力だらけだから…私は本気で好きだよ」

ハンナの言葉と自分の心の気持ちがぴったり重なったような気がした。

物語上の【アダム】は、そんなハンナに対して、左手を伸ばしてハンナの身体にそっと触れる。 離れていこうとするハンナを引き止めるような仕草で。 捨てられた子犬のような眼差しを向けながら。

まさに反則行為です。

離れようとした私も、動けなくなった。

f:id:limeclover:20180811171259g:plain

アダムへの思いが爆発したハンナが彼に飛びつく。 もう、思いが同調した私自身も同じ気持ちである。 このシーンは自分の心臓がバクバク鳴ってどうしようもなかった。 動悸、息切れで病院へ担ぎ込まれるところであった。

ドラマを見ているだけで、こちらの感情が高ぶってしまった。ハンナと同じようにアダムから離れたくなかったし、もう一生ついていこうと思った。

…なんて感じで、アダム・ドライバーくんにここでハマってしまったファンの方は多いんじゃないでしょうか。

全世界の女性のファンが彼をセックス・シンボルとしてその魅力にハマり抜け出せなくなったというように聞いています。

彼の醸し出す、エモーショナルなエロチシズム、美しさ、私も多分に漏れずハマってしまったようです。

以後のエピソードまだまだ続くので先が楽しみです。

【GIRLS第5話感想こちら】

なぜ、アダム・ドライバーにハマるのか?セルフ考察してみた☆

フォロワー様よりご依頼というかたちで、ここに報告させていただきます(キリッ)

これは、2018年2月11日に書いた記事の書き直し版です。

前筆で上手く表現出来なかったところも今回は改善出来たと思います。

Q.なぜアダムにハマるのか?

A.カイロ・レンだけで終わらなかったから&アダム・ドライバー自身に魅力満載

以上が考察の結果なのですが、以下詳しく述べていきたいと思います。

東洋的な美しさと西洋的なダイナミックさ

ガタイが大きくて鼻が高いのが彼の特徴。

ソースは定かではないが、アダムに詳しい方が彼は祖先がイギリス、オランダ、ドイツ、アイルランドスコットランドであるとのこと。さまざまな民族の血が混じっている。

背が高くてガタイがいいのは、オランダやドイツの血を引いているからかな。 鼻が長く高い、そして細面なのはイギリス系の血を引いてるからかな。

背が高いだけでなく手も足もめっちゃデカイ。 靴の大きさをみても西洋人の女性の靴の1,5倍はあると思われる。

「パターソン」という映画で、アダムの履いている靴を奥さん役のゴルテシフさんが自分の足をあててその大きさを比べているシーンがある。その足の1,5倍近くあると感じたので彼の足はかなり大きいと思われる。

スターウォーズでは、デカイ手であの十字のライトセーバーをブンブン振り回し、大きい足でドカドカ歩き回るので、カイロ・レンはとても迫力がある。 西洋人ならではのフィジカル面を生かしたダイナミックな出で立ちに恐怖しながらも魅了された。

しかし一方で彼は東洋人ぽい側面もみられると思う。

海外経験豊富で、外国人を沢山見たことがある知人(アダムを全く知らない人)に、アダムの写真を見せたら「モンゴル系?」と言われた。 彼は黒髪でヘーゼル色の瞳。いわゆる金髪&青い瞳ではない。

一部でキアヌ・リーブスに似ていると言われている。 (キアヌは祖母が中国系)

アダムは目元が涼やかで、東洋人的なオリエンタルな美しさがある。彼にアジア系の血筋は全く混在していないというのに。

ガッツリ西洋人だけど、東洋人的な雰囲気を併せ持つ。 出で立ちだけで不思議な人、いつ観ても印象が違って、いい意味でイメージが固まらない。

カメレオン俳優

カイロ・レン役では、ガタイの良さを全面に生かした殺陣や立ち振る舞いで、フォースの暗黒面の怖さを充分にスクリーンで表現している。

と同時に正反対の弱さと繊細さも見せてくれるところがすごい。 部下が失敗すると、ものを壊して八つ当たりするなど、カイロ・レンの内面の弱さを表現したり、

マスクを取って素顔を出したあとは、気になる女の子(レイちゃん)に迫ったり、父親(ハン・ソロ)の前で泣き顔を見せたり、女性の母性本能を直撃するような繊細な演技を見せる。

弱さを含む殺人鬼とも言えるカイロ・レンを演じたかと思えば、

殺されそうな我が子を救う父親という、正反対な役柄もこなしている。

映画「ハングリー・ハーツ」でそれが観られる。

この作品では、スターウォーズで恐ろし気なカイロ・レンを演じた人とは思えないほどの包容力と暖かみのある優しい父親役ジュードを演じている。 詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

カイロ・レンが父親になる映画を観たよ/映画「ハングリーハーツ」感想

カイロ・レンはほとんど笑わない仏頂面、ハングリー・ハーツのジュードもかわいい笑顔を見せることもあるが子供を守るのに必死で暗い表情が多い。 こういう演技が出来る人って深みがあるな…と思いきや、「えっ。何これっ!?」っと驚きのぶっ飛び役も見られてしまう。

映画「インサイド・ルーウィン・ディヴィス」である。

この作品では、スターウォーズで敵役とも言えるポー・ダメロン演じたオスカー・アイザックとの共演という点でも必見である。 オスカー・アイザックとはジュリアード音楽院の同窓(多分先輩と後輩)という間柄もあってか、2人の歌と変な合いの手(笑)を見ることが出来る。 詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

アダム・ドライバーのあっ、おう!が気になって夜も寝られない/映画「インサイド・ルーウィン・デイビス」

アダム演じるアル・コーディの底なしの間抜けさに観てるこちらが椅子からずり落ちそうになるほどズッコケてしまう。

ズッコケて床に落っこちて、そのままアダム・ドライバーの沼に堕っこちた!(うまい!山田く〜ん!)

底なしにズッコケているかと思いきや、これ以上に無いくらい理想的な夫役を演じているものもある。

映画「パターソン」である。

この映画はよく批評で「何も起こらない」とか言われているが、ノンノンノン!

主婦の人はすぐわかると思われるが、こんな理想的な旦那はいない!!! ステキな旦那とのステキな毎日!

え?そんなことない?

私は毎日ステキなことが次々に起こっていると思うよ。

スターウォーズ「最後のジェダイ」を製作した監督のライアン・ジョンソン君はこの映画を「ずっと観ていたい」って言ってたけど、本当にずっと観ていたいほどステキな作品。

アダムがもし自分の旦那だったら・・・て妄想して観るとこんな幸せな映画は無い。

優しさ、詩を書く教養とセンス、男らしさ…もう、一緒に住みたい!!!と悶えが止まらない素晴らしい映画である。

これについてさらに詳しくは以下略である↓

映画「パターソン」感想/ネタバレあり

映画「パターソン」感想/ネタバレ無し

アダムが演じた役柄を追っていくと…

殺人鬼→優しい父親→ズッコケ音楽家→理想的な旦那

これだけでもお腹いっぱい感あるのに、それだけで終わらない。

ガールズ!!

ガールズとは、アダムがヒロインの相手役を演じた恋愛ラブコメドラマです。内容はかなりぶっ飛び系です。 詳しくは(以下略)↓

テレビドラマ「GIRLS/ガールズ」感想

のっけからヒロインとダイナミックなセックス!!

初見で泡ふいた。

1話目は後ろから、2話目は前から!

心臓がドキドキし過ぎて高血圧症になりかけた。あやうく病院に駆け込むところだった。

アダムはこの作品で非常に肌の露出度が高い。

身体がギリシャ彫刻のように美しい。男性の逞しさが美しい。

肌も綺麗。

セックスシーンが気持ち悪くない。むしろアダムの裸の良さを引き出していて大変魅力的な映像の数々である。

ダークサイドな殺人鬼カイロレンから始まって→優しい父親→ズッコケ音楽家→理想的な旦那→エロエロ変態ブタ野郎

闇の役から理想の高まりまで、コミカルからエロチックまで。

およそ人間のキャラクターの横軸と縦軸を縦横無尽に演じ分けていくセンス!! すご過ぎる。

アニメキャラを2次元、特撮ヒーローを2・5次元、実写ものを3次元と表すことがあるが、アダムは4次元キャラクターか?

アダムの演技の方向性を数学的に表した場合、微分積分のその先、虚数、いや複素数平面であらわ…ちょっと何言ってるかわかんねーな。

そのぐらいすごいってことを言いたかったです。

愛妻家である

本来、推しに伴侶がいるということはショックなことなんだろうけれどもアダムは当てはまらない。 アダムにはジョアン・タッカーさんていう金髪美人の姉さん女房がいる。

ジュリアード音楽院時代に知り合った同窓生だ。 このご夫婦は「アーツ・イン・ザ・アームド・フォーシズ(AITAF)」という非営利団体を運営している。

アダムが元軍人だったことと役者であることを生かした活動を行っているが奥様も協力されている。

AITAFのホームページこちら

←アダムが創業者「Founder」であるということがうかがえる

←アダムの映像も豊富

←ここから寄付やグッズ購入も出来る

AITAFのTwitterこちら

←たまにアダム(と奥さん)の写真を載せてくれる

←講演等のお知らせなどいち早く告知してくれる

お2人が仲睦まじいのはとても良いことだし、アダムが奥様をとても大事にしていることが人間的に信頼出来る。

ハリウッドの大スターになっても、チャラチャラふわふわしないで奥様とともに堅実に歩むさまがファンとしてみていても微笑ましく、また誇らしいことである。

以上で証明終わり、と行きたいところだが今回は上手く伝わっただろうか… もちろん、アダムの魅力はこれに尽きない。

まだまだたくさんの魅力に溢れている。

そして、ココで紹介した以上にまだまだ多くの作品に出演している。それについてもこれからどんどん観ていきたいし語って行きたい。

アダムは観ていて飽きることが無い!!

これからいろんなアダムの作品に出逢える喜びを今日も禁じ得ないです。 現場からは以上です!

Q.E.D 2018.7.26

f:id:limeclover:20180818170035j:plain
Kylo Ren https://www.starwars.com/

▼アダムのスターウォーズに関してのツッコミ記事はこちらです。あわせてお楽しみ下さい♪↓↓↓

【最後のジェダイ編】

スターウォーズ/最後のジェダイ感想

スターウォーズ/最後のジェダイ【恋愛脳MAX編】感想

カイロレンの細かすぎて伝わらないダークサイド【最後のジェダイ編】

カイロレンの細かすぎて伝わらない【MX4D&レイロ編】

【フォースの覚醒編】

カイロレンの細かすぎて伝わらないダークサイド【フォースの覚醒編】

スターウォーズ/フォースの覚醒編でさらに気になること

スターウォーズ/フォースの覚醒を観て最初に気になること