ライム日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライム日記☆

チャン・ヒョク、ムロツヨシについて。ときどき、子育て&日常のつれづれ

【運命のように君を愛している】感想その2 with Korean Friend

チャン・ヒョク 장혁 運命のように君を愛してる

 

 一週間ぶりに、韓国人の友人の家で、チャン・ヒョクさんのスネ夫ヘアー見てニヤニヤいたしました。

この「運命の〜」ドラマではずっとこのスネ夫ヘアーなのかな。

私はなかなかカッコいいなと思いましたが、韓国人の友人はずっと「アトム!」とか「変だ!」って言ってました(笑)

 

1番爆笑しちゃったのは、チャン・ナラさん演じるキム・ミヨンがお腹の子を堕ろす時に、チャン・ヒョクさん演じるイ・ゴン社長が産婦人科を走り回り、飛び回り、跳ね回り(笑)、堕胎手術を止めるシーンでした。

 

ホントに、チャン・ヒョクさんは動いてる患者のベッドをでんぐり返しで飛び越え、またはベッドの下をくぐり抜け、病院の階段を飛び降り、ミラクルなアクションを披露してました。シルク・ドゥ・ソレイユと思いました。

 

スゴいアクションなのですが、なにも堕胎手術を止めるのにそんなに飛び跳ね回らなくても…と突っ込みたくなるようなちょっとコミカルな場面に見えました。

「なんとしても、堕胎を止めるっっ!」

ていう気概が出過ぎてやり過ぎちゃってる感が出ててすごく面白かった。

友達と爆笑しながら見てました。でもすごいアクションでした。

 

ミヨンとゴン社長の2人の例の濃厚な絡みは、友人曰く「ただ2人して抱っこして寝てただけじゃなかったんだね〜。」という訳で、子供が出来てしまう絡みであったと。

(確かにあの濃厚な絡みシーンでは、ベッドで2人が抱っこして寝てる描写だったと思う。終始暗かったし。あれが地上派そして多分ゴールデンタイムの限界でしょう)

 

2人は朝になってベッドで顔を合わせて初めて「わ〜〜〜!!」とか言って驚いてたけど、友人は「子供出来るくらいのことしてたら途中で気がつく」とか「わからないわけない」とか、とにかく横でブツブツブツブツ、ツッコミを入れていた(笑)

 

とにかく、お互い良く知らないもの同士が、アクシデントで子供が出来てしまって(友人は『ありえない』とか『普通、途中で気がつく』とかずっとブツブツ言っていたが)

 、それが親や兄弟、近所の人(ミヨンの故郷の石けん工場の人たちとか、ゴン社長の取り巻きとか)たちに広まり、

 

「生むの生まないの??」

 

はては、「結婚するのしないの?」

 

と責めまくられて窮地に陥った2人が選んだのが「結婚、そして子供を産む」でした。

 

*ミヨンの母親や親戚や石けん工場の人たちに責めまくられてるゴン社長へのセリフが、字幕と原語で多少違うらしい。韓国人の友達は本当はなんて言っているか教えてくれた。韓国語だとかなりキワドいエグイ言い方だった。それを日本語字幕では少しソフトな言い方に変換されている。そんな違いを知るのも韓国人の友人と見る楽しみの1つである。

 

*ようは「子供を孕ませた責任を取れ〜!」と責められてるのだが、原語ではかなり罵倒されてる。さらに母親には首を掴まれてぶっ叩かれてる。かなりボコボコにされてるあわれなゴン社長。それが、『輝くか狂うか』でシンユルの母親代わりの青海商団のペンミョさんにボコボコにされてたワンソ皇子(チャン・ヒョクさん)の姿と被った。

 

彼女のお母さんにやられているときのチャン・ヒョクさんがかわいいんだよね〜。

韓国では親に対しては絶対に逆らっちゃいけない、ていう雰囲気がとても伝わるシーン。

韓国は上下関係が厳しいと友人も言ってた。

ちなみに友人は私よりも2つ年下なのだが、友人は「韓国では先輩後輩の礼が厳しいんだけど、敬語使った方がよい?」と年上の私に聞いて来たんだけど「敬語いらない」と私は応えた。友達とは親しくしたいもんね。でも韓国は厳しいのね。

 

で、母親にボコボコにされてるチャン・ヒョクさん、絶対にやり返さないのね。

されるがまま、、その仕草がとってもかわいい。痛そうだけどね。

 

それと、ミヨンとゴン社長の結婚式のときに神父さんが(←この人にもツッコミ入れたいが後で)、「ミヨンと結婚しますか?」の問いに、ゴン社長がやけくそ気味にデカイ声で

「예(イェ〜〜〜〜〜〜〜)」

韓国語で『はい』と叫んだところも切なくて、面白くて笑った。

 

*ゴン社長は、本当の恋人のセラがまだ好きなんだよね。でもミヨンと子供を作ってしまったという既成事実があるから、男として責任を取るんだよね。でもセラがまだ好き。そんな想いがごっちゃになってやけくそになって「結婚します」って応えた。

そのやけくそ気味な叫び方が独特で、彼の個性が際立つ。

 

それと、しゃべりながら「ワハハハ!!」と豪快に、ほとんどアホらしく(笑)笑う、ゴン社長の独特な笑い方も終始気になる(笑)

 

古い映画だけどモーツァルトの生涯を描いた映画「アマデウス」で、主演のモーツァルト役のトム・ハルスが、「キャハハハ!」ていうバカみたいな笑い方をしてたのを思い出した。

 

ゴン社長のアホみたいな「ワハハハ!!」笑いは、『輝くか狂うか』のワンソ皇子もしてたよね。まさか、チャン・ヒョクさんのクセか!?

 

この、チャン・ヒョクさんのバカみたいなスネ夫ヘアーや、アホみたいな「ワハハハ!!」笑いは、韓国人の友人には琴線に触れないらしい。

チャン・ヒョク、顔はきれいだが・・・」と言ってた。が、他はハマらなかったらしい。むしろ、ミヨンに近寄って来たダニエルの方がタイプと言ってた。何回も言ってた(笑)

 

私は、チャン・ヒョクさんのスネ夫ヘアーに驚かされ、「ワハハハ!!」笑いに圧倒され、アクションにも心動かされ、そしてゴン社長の無駄に派手なシャツとスーツ姿に心奪われてしまった。可愛らしいパジャマ姿も、お母さんにやられる可愛い仕草も。

 

それにチャンヒョクさん、歩くとき、両手を後ろに組むんだよね。

ゴン社長でもやるし、ワンソ皇子でもやってた。

両手を後ろに組んで歩くのって、韓国人のクセなんだって。友人もよくやるらしい。

私は何故か、チャン・ヒョクさんの両手を後ろに組んで歩く様がとても好きだ。

 

2つのドラマ観てこんだけハマってるんだもの。

あと3、4つドラマ観たら、知らないうちにソウルに居たりしてね(笑)

 

ドラマを見てる時は、チャン・ヒョクさんを自分の旦那のような気持ちで見てます。

(まあ、ほんとの旦那にも似てるしね)

背が少し低いところとか、やっぱ旦那そっくり(笑)

 

ドラマにはいろんなイケメンが出て来るけど、やっぱ私にはチャン・ヒョクさんが最高のイケメンだわ。

 

おっと、彼のこと夢中で語ってたらタイムアップになってしまった。

 

結婚式の時の神父についても突っ込まなくてはならないが(石けん工場のパク社長ね)

もう一人のイケメン、ダニエルについても!!

そして、ゴン社長、まさかの精神病!?とか!!!

 

また明日、続きを書きます〜。アンニョン〜!

 

 

↓↓ドラマ感想一覧もどうぞ↓↓↓

limeclover.hatenablog.com