ライム日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライム日記☆

チャン・ヒョク、ムロツヨシについて。ときどき、子育て&日常のつれづれ

真実がどんどん明らかに【輝くか、狂うか】感想

昨日、このドラマを見ていたらCMにムロツヨシさんが出て来て飛び上がるほど驚いた。(今日も同じCMやってた)

 

ピザハットのCM出るなど最近メジャーになって来たから、まさか関東ローカル(失礼!ごめん)局のCMに出るとはよもや思わず・・・

(ムロさんのTwitter毎日見てるんだけどそんなこと言ってたっけ?)

 

ワンソ殿下のチャンヒョクさんに一目惚れのベタ惚れで、ボ〜〜〜ッとなっていたから、ムロさんが出て来たのを見てまるで不倫現場に現れた夫のように見えましたよ(笑)

 

・・・最近、恋愛脳になってるもので、変なことを考えてしまいますな。

っていう冗談はさておき。

 

今日の輝くか狂うかさんは、今までの謎が明るみに出て、それによってキャラクターたちが様々に反応し、これまで溜まったよどみが一気に流されていくようなお話でした。

 

謎については視聴者はわかっているのだが、キャラクターたちがそれを知り理解していく。そしてそれによってキャラたちがまた新たな展開を見せるというような内容でした。

 

1番注視すべきとことは、主人公ワンソが剣の腕も立ち頭脳明晰な実力者であるということを、皇帝も知ったし、黒幕のワン執政も知ったということでしょう。

 

同時に、ワンソを今までみすぼらしいプータロー男と思って養って来た青海商団の幹部の人たちがその正体を知って動揺している場面も面白かった。

この青海商団の幹部の人たちスゴく面白いから、これはこれで機会があったらツッコミたいと思う(笑)個人的には商団の首領である、ちょっと太ったバカアニキがいい!

 

それと、ワンソにはすでに正妃がおり、寝室を別にして普段はほとんど会わない(ワンソが青海商団にずっと出入りしているから)仮面夫婦だったのだが、正妃のヨウォン姫がワンソに愛情(?)のようなものが芽生えているらしき描写があった。

 

恋愛ものですから、必ず邪魔が入りますよね。

ワンソの実弟ワンウクと、ワンソの正妃ヨウォン姫がこの邪魔役なのですが、私はこの邪魔役2人がすごくいい味出しているなと感じました。

恋愛ものって人間関係がすごくドロドロして、それが私は嫌いであまり見ないんです。

(恋愛ものをこんなに真剣に見るのは、木村拓哉さんのロングヴァケーション以来なのだ!)

 

しかし、このワンウクとヨウォンは、なぜか憎めないキャラクター。

 

ワンウク(及川光博さんに似てるような気がして、私は見るたびに『ミッチー』と呼んでる。役者さん自体もすごいイケメンです)は、ワンソが想っているシンユルのことを本当に愛しているし、

 

ヨウォン姫はワンソを権力の為に利用しようとしながらも、ちょっとずつ愛を膨らませているような感じに見えます。

また、シンユルに嫉妬しているのですが、あからさまな意地悪をしないのでそこがまたいい。

 

ワンウクもワンソに嫉妬してますが、ひん死のワンソをいやいやながらも助けたり、大会に遅刻して来たワンソに対してどうどうと決闘を申し出たり、なかなか正義感あふれる公正明大な面もあり好感が持てる好敵手なのです。

私が久々に恋愛ドラマを真剣に見ることが出来る理由です。

 

 

ところで、この物語の最大の面白さは、主人公カップルがお互いの正体を知らないまま恋に落ちるところであります。

その正体も、2重、3重に隠されていて、1つの正体を知ったとしてもさらに隠された部分があって、なかなか本当の真の姿にたどり着けない。

 

今日までのところは、シンユルがプータロー男ソソ=ワンソ皇子であるということを知り、ワンソ皇子はシンユル=ケボン=女 だということに気がついたということである。

シンユルとワンソの間で、真の愛が芽生えたのは初回の婚礼の夜である。

2人の婚礼はシンユルが意に添わぬ結婚を回避する為に急遽知ったワンソ(当時はソソ)を婿の代役にしてニセの婚礼を行う契約結婚であった。

だが、その夜2人の間に愛のようなものが芽生える(おでこにチュー)

その後2人は別れるが、お互いに忘れられない存在となった。

そして別れの際にチョウチョの飾りを2つに割り、それぞれのカケラをお互いが持っている。別れた後も、シンユルもワンソもそのカケラを大事に持っているのだ。

(ロマンチック過ぎて眼がハートになるね)

 

しかし、シンユルはソソがワンソ皇子とわかっても、彼が自分こそは婚礼を挙げた花嫁であるということを認識してくれないので、愛を確かめることが出来ないでいる。

ワンソ皇子もシンユル=ケボン(女)と解しても、彼女が婚礼を挙げた花嫁だとわからないので、彼女に対しては「ケボン」というかわいい弟としての愛情しか持っていないと思われる。

 

なんで婚礼を挙げて初夜におでこチューまでした仲なのに、ワンソはケボンをシンユルとわからないのであろうか?

 

・・・・・それはワンソがおバカさんだから!

 

まあ本当は、婚礼中から初夜の晩までずっと花嫁のシンユルが薄絹で顔を隠していたからワンソは花嫁の顔を見ていないのですね。

ここのところをクリアにしないと、2人の愛は本物にならない訳ですね〜。

 

これが今後どうやってクリアされていくのか楽しみです。

 

それがあって・・・その後、私が某ようつべで観た濃厚な甘〜〜いラブシーンへと繋がっていくのでしょう。

 

私がチャンヒョクさんに一目惚れしたのは、そのラブシーンを観たからです。

本当に、美しくきれいなラブシーンで。

チャンさん演じるワンソ皇子の愛と情熱がものすごい伝わって来て・・・

 

私もこんな風に愛されたいと思いました。

 

・・・明日も楽しみです。

 

 

↓↓ドラマ感想一覧もどうぞ↓↓↓

limeclover.hatenablog.com