ライム日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライム日記☆

チャン・ヒョク、ムロツヨシについて。ときどき、子育て&日常のつれづれ

卒業しました

子育て

f:id:limeclover:20160613180055j:plain

字が見づらいですが「卒業おめでとう」と書いてあります。
日本の国旗の横には、我が江戸川区の旗が掲げてあります。
ついに長男が小学校を卒業しました。


自分は号泣してしまうと思っていたのですが、以外にもそんなことはありませんでした。
むしろ、今まで息子のライバルだったIくんが卒業証書をもらって保護者席の方へ歩いて来たときホロリと泣いてしまった。

彼は名門私立中学へ行くので、今日が最後の別れだなあと思うと自然と泣けて来ました。

彼と息子はいろいろ関わったなあ。

彼が常に学年トップだったので、彼に追いつけるようになればいいなあと頑張って勉強して来た。

6年になって、算数だけは彼に並んだ気がする。
共に算数のトップのクラスにいて早く問題が解けた同士、答え合わせやさらに難しい問題を出し合った。

いい思い出です。

他に私立中学へ行く娘を持つママさんから、最後のお別れの時に

「日比谷高校行きなよ、頑張りなよ。」

と激励(?)をいただいた。

日比谷高校とは、東京都立高校トップ校である。
ちなみに東京大学合格者の数では公立高校としては全国トップである。
何度も言うが、うちは東京大学目指してません(笑)

でも、小学校低学年まではボンクラ扱いだった息子が、小学校卒業時にそうやって他のママさん達から「日比谷へ」なんていわれるほど学力の成長があったことを認めていただけるのは素直に嬉しいです。

日比谷高校なんて・・・無理っしょ!とは思いますが、、

先日頂いた「あゆみ」の成績はビックリするほど良い成績でした。

3段階評価の一番上「よくできる」のオンパレード!!!

ほとんどパーフェクトでした。

6年間で、最後の3学期が一番良い成績でした。

そしてある予備校のテストで満点取ったので、入学許可も頂けました。

都立の中高一貫校は合格出来ませんでしたが、思わぬ副産物が得られ親子共々驚いています。

正直、希望の中学へ行けなかったことは、今でも残念でなりません。

しかし、ここまで学力がついてこのままにしてしまっては、なにかもったいないような気がする。そんなことをいろんな人にいわれます。

何回も書きますが、けっして東京大学を目指してないし、早稲田も慶応も目指してません。

そうではなくて、勉強というものを楽しく出来たら、身に付いたらいいなと思っているだけです。

それが大人になって生きる力になれば良いな、と強く思っています。

息子が生き生きと社会の中で生きていけるように、母親として見守る日々がまだまだ続きますね。

広告を非表示にする